ポケトークムービー翻訳 利用規約

本利用規約は、ポケトーク株式会社(以下「当社」といいます。)とお客様との間の合意をなすものです。ポケトークムービー翻訳のプログラムをご利用になる前に、本利用規約をお読みください。ポケトークムービー翻訳をご使用頂くには、この規約に同意いただいた上で、翻訳対象の動画データを当社ウェブサイト経由で当社指定のサーバにアップロードしていただく必要があります。お客様が本サービス(以下で定義します。)にログインした場合、同ログインをもってお客様は本規約の各条項の拘束を受けることに同意したものとみなされ、本規約に基づく本契約がお客様と当社の間で成立します。本規約の各条項に同意できない場合、ポケトークムービー翻訳のプログラムをご利用いただくことはできません。

本利用規約において、

「本ソフトウェア」とは、ポケトークムービー翻訳のプログラムを使用するために、当社がインターネットを介してパソコン、タブレット、スマートフォン等で当社ウェブサイトを閲覧、利用するための全てのソフトウェアを意味します。

「本サービス」とは、当社がポケトークムービー翻訳として提供するデジタルコンテンツ、本ソフトウェア及びお客様に提供するサポートその他のサービスの提供を意味します(本サービスをご利用いただくには、インターネット環境に接続された端末が必要となります。)。

「原ファイル」とは、本サービスを利用して翻訳の対象となる動画データをいい、当社ウェブサイト経由でお客様が送信する電子ファイルを意味します。

第1条(ポケトークムービー翻訳のご利用)

  1. 本サービスの機能をご利用いただくには、ポケトークIDを用いてご自身のアカウントを作成いただいた後、または、本サービスを利用するためのライセンスキーを取得いただいた後、この規約に同意いただいた上で、ポケトークムービー翻訳のプログラムにアクセスしていただく必要があります。ポケトークムービー翻訳のプログラムのご利用に関連して行われる全ての行為は、お客様の責任となります。ポケトークムービー翻訳のプログラムの利用に伴いお客様のパソコン、タブレット、スマートフォン等またはネットワーク環境等に支障・障害が生じた場合、当社は、いかなる理由によるものでも責任を負いません。また、これらの事象によって生じた損害等についても、当社は一切責任を負いません。なお、ご自身のアカウントを作成するにあたっては、ポケトークIDご利用規約(http://pocketalk.co.jp/rule/pt-id)をご参照下さい。
  2. 当社は、お客様が本規約に同意し遵守されることを条件として、本サービスへのアクセスと使用、閲覧を行う譲渡不可、再許諾不可、かつ非独占的な権利をお客様に許諾します。
  3. 当社は、本ソフトウェア及び本サービスに関する著作権その他の知的所有権をお客様に譲渡するものではありません。本ソフトウェア及び本サービスに関する著作権その他の知的所有権の侵害に気づかれた場合、または疑われる場合は、サポートページよりお問い合わせください。

第2条(使用条件)

  1. 本サービスは、当社が提供するサービスをお客様ご自身で利用する目的の場合に限りご利用いただけます。なお、本サービスにおいて使用される一切のソフトウェアは、当社又は当社が指定する第三者の知的財産であり、知的財産権に関する日本法および国際法により保護されます。
  2. お客様は、お客様が選択したプランの内容に従い、所定の方法で所定の利用料を支払い続けている限り、本サービスの機能を全てご利用いただくことができます。ただし、当社は、お客様に対して無償トライアル期間を定めることができます。無償トライアル期間終了後、お客様が有料版の本サービスをご利用いただくには、利用料をお支払いしてご利用いただく必要があります。
  3. お客様ひとりに対してひとつのアカウントが必要です。ひとつのアカウントを登録したお客様が、複数台のパソコンで利用することは、非同時で本サービスを利用する場合に限り認められますが、お客様がひとつのアカウントを複数人で利用することは、当社が特別に認めた場合を除き禁止します。なお、当社がひとつのアカウントを複数人で利用することを認めた場合であっても、当社が認めた人数制限を超えてアカウントを流用することは禁止します。
  4. お客様は、原ファイル及びその構成要素すべてについて、それらを所有していること、またはそれらの利用許諾を得ていること、また原文ファイルの翻訳、その公開、配布、販売、またはその他の使用が第三者の著作権、商標、特許、またはその他権利を侵害しないことを保証します。
  5. 当社は、著作権法によって認められる範囲を超えて、本ソフトウェア又は本サービスを利用して作成されたデータを利用(公衆送信、送信可能化、複製、転載、改変、その他の二次使用)することは、事前に当社から書面による許諾を得ない限り禁止します。
  6. 本サービスの利用により、お客様が取得した翻訳結果に関する著作権その他一切の権利(著作権法第27条及び第28条の権利並びに二次利用をする権利を含みますが、翻訳対象物である原著作物の著作権者その他の第三者の有する権利は除きます。)は、お客様が、利用料を支払い、翻訳結果をダウンロードした時点で、当社からお客様に移転するものとします。この場合において、当社は、お客様に権利が移転した時点以後、著作者人格権を行使しないものとします。
  7. 当社は、お客様への事前の通知なく適宜、本サービス内容の変更・更新・修正、本サービスを利用する上での対応動作環境の変更をすることができます。
  8. 本サービスは、本条第1項の目的に従い提供されるものであるため、お客様が、本サービスを第三者に使用させ、商業的な利益(本サービスを第三者に利用されること等により、お客様が経済的な利益を追及する行為を含みますが、お客様がご自身の事業を遂行するために、本サービスをご利用になる場合は、含みません。以下同様とします。) を得る目的で本サービスを利用することはできません。ただし、当社が事前に承諾した場合を除きます。
  9. 本サービスを十分に利用できるかどうかは、インターネット接続し、十分な通信速度が確保できているかどうかによります。そうした機器をどうメンテナンスするか、セキュリティをどう保つかにより、本サービスのパフォーマンスに影響があります。そうした機器の機能性を保つのは、お客様の責任となります。

第3条(データ使用に対する同意等)

  1. 当社は、本サービスを提供する目的のために翻訳対象の当社ウェブサイト経由でアップロードされた原ファイルを当社サーバに送信します。ただし、当社は、本ソフトウェアを介して送信される上記の原ファイルの閲覧・分析・管理・バックアップは行いません。管理・バックアップはお客様の責任において実施してください。
  2. 当社に提供されるお客様の情報(ポケトークID登録時のメールアドレス、アンケートで記載した情報、利用時間など)は、いかなる場合においても、プライバシー・ポリシーに従って取り扱われます。プライバシー・ポリシーについては、こちら(https://pocketalk.co.jp/privacypolicy)をご確認下さい。
  3. お客様が、本サービスにログインした場合、同ログインをもってお客様は、プライバシー・ポリシーの各条項の拘束を受けることに同意したものとみなされます。
  4. 当社は、本ソフトウェアにより本サービスを提供する目的のために、音声認識エンジン、及び翻訳エンジンの提供元、並びに開発業務委託先、サポート業務委託先等(以下「サードパーティーパートナー」といいます。)による技術提供を受けております。本ソフトウェアは、サードパーティーパートナーの技術を利用するに際して、お客様が発話した音声データ、及びその翻訳データ(以下「音声データ等」といいます。)を、インターネット経由でサードパーティーパートナーのサーバに送信します。ただし、サードパーティーパートナーは、当社の利用目的の達成に必要な範囲内である限りにおいて、送信された音声データ等を使用し、サードパーティーパートナーが音声データ等を分析技術の改善等の独自の利用目的のために利用することはありません。

第4条(本サービスのご利用等)

  1. 本サービスは、翻訳対象の原ファイルを本ソフトウェア経由で当社指定のサーバにアップロードして原ファイルを翻訳し、その翻訳結果を動画字幕として画面に表示し、また、翻訳結果の音声を流すことでお客様がアップロードした動画の発言内容の理解に資することを目的とします。なお、当社は、お客様がアップロードした原ファイルを一定期間保存します。
  2. お客様は、ご自身の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器(パソコン、タブレット、スマートフォン等)及びインターネット接続契約等を準備していただきます。また、本サービス利用に関わる通信料、接続料等はお客様にご負担いただくものとさせていただきます。
  3. 当社は、当社が指定する推奨環境以外で使用は保証致しかねます。本サービスをご利用する際には、推奨環境を十分にご確認の上、ご使用ください。

第5条(翻訳時間の算定)

  1. 翻訳時間は、登録するお客様のアカウントによってアップロードが行われた原ファイルを対象として、本サービス上で翻訳した原ファイルのデータの収録時間を合算して算定されます。
  2. 保有するチケットの所定時間を超えた場合、次条記載のチャージを行わない限り、原ファイルの翻訳ができなくなります。

第6条(利用料及び利用期間に関する注意事項)

  1. お客様は、本契約の有効期間中、当社が別途定めるチャージチケットを購入又はサービスプランに加入し、購入したチケットまたは、同プランで定めた区分に応じた料金を支払うことで、本サービスを利用することができます。
  2. チャージチケット及びサービスプランの詳細に関してはhttps://pocketalk.jp/forbusiness/videotranslationを参照ください。
  3. お客様が、当社サイトを通じて、有料自動更新のサブスクリプションプランへの加入手続を行った場合には、加入手続を行った日から、サブスクリプションプランが適用されます。サブスクリプションプランの利用料金は、本項による加入手続きを完了させた日(以下「起算日」といいます。)から発生し、起算日から当社が前項のサービスプラン詳細で定める締め切り日(以下「締日」といいます。)までを自動更新期間とします。お客様が自動更新期間中に途中解約やプラン変更手続を行い、ご契約の自動更新期間に満たない場合でも、当該プランの料金が発生し、日割り計算は行われません。
  4. サブスクリプションプランは、お客様が本サービスを利用したか否かにかかわらず、当社所定の解約手続きを完了させない限り、締日に自動更新され、ご契約のサブスクリプションプランの料金が発生します。お客様は予めこれに承諾します。
  5. お客様がご契約のサブスクリプションプランの解約を希望する場合、お客様は当社所定の手続により、いつでも解約をすることができます。但し、対象となる自動更新期間の途中で解約手続きを行った場合であっても、当該自動更新期間分の料金が発生し、日割り計算は行われませんが、当該対象期間が終了するまでご契約のサブスクリプションプランにて、本サービスを利用することができます。
  6. お客様の利用中のプラン名、残翻訳可能時間は、本サービス上(別途当社が定めた場合には、当社所定の方法により)に記載されます。
  7. お客様は、本契約の有効期間中において、当社に対し、本サービスの料金を、当社の指定する方法で支払うものとします。
  8. 月の途中で本契約が終了した場合であっても、前項に定める利用料金の日割り計算による返金、チャージ残額の返金は行わないものとします。
  9. 当社は、当社の責に帰すべき事由がある場合を除き、お客様から受領した本条第3項に定める料金を返還しません。
  10. お客様が本条に定める料金の支払いを遅滞した場合、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年14.6%の割合(年365日日割計算)による遅延損害金を当社に支払うものとします。

第7条(サービスの一時的な中断、終了又は廃止等)

お客様は、本サービスを利用するに際して、特定のサーバに接続する必要あることを理解する一方で、当社は、サービスの安定した運営に努めます。もっとも、以下の各号のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に通知することなく一時的にサービスを中断、終了又は廃止する場合があります。

  • ①お客様が本サービスの利用料の支払義務またはその他の義務の履行を遅延した場合又は履行しない場合
  • ②お客様が、第2条4項で定める表明保証違反が合理的に認められると当社が判断した場合
  • ③サーバ、通信回線もしくはその他の設備の故障、障害の発生又はその他の事由によりサービスの提供ができなくなった場合
  • ④システムの保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
  • ⑤火災、停電などによりサービスの提供ができなくなった場合
  • ⑥地震、噴火、洪水、津波などの天災によりサービスの提供ができなくなった場合
  • ⑦戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不測の事態によりサービスの提供ができなくなった場合
  • ⑧その他、運用上、技術上本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第8条(禁止事項)

お客様が、以下の各号の行為を行なうことは禁止致します。

  • ①当社又は第三者の著作権、商標権、特許権、意匠権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、肖像権その他法令上又は契約上の権利を侵害する行為
  • ②本ソフトウェアを複製、頒布、公衆送信、転送、二次的著作物を作成すること
  • ③本サービスの一部を他のプログラムやサービスに統合又は組み合わせ若しくはコンパイルすること
  • ④本ソフトウェアの改変・結合・リバースエンジニアリング(逆アセンブル等)・解析等
  • ⑤本ソフトウェアを第三者へ再使用許諾又は配布すること(但し、当社又は当社が認めた第三者が承諾した場合を除きます)
  • ⑥本サービスについて本目的の範囲を超えて無断複製及び無断使用すること
  • ⑦本ソフトウェアまたは、本ソフトウェア用いて作成したデータを第三者に送信可能な状態でネットワーク上に蓄積すること
  • ⑧本サービス又は、その中の個別の要素となる任意のページのレイアウトやデザインを無断複製、ミラー化、又はフレーム化すること
  • ⑨本ソフトウェア、当社、又は他人の信用を毀損する行為、又は、他人に対する嫌がらせ、若しくは誹謗中傷を目的とする行為
  • ⑩上記のいずれかに該当する行為を助長する行為
  • ⑪その他、当社が不適切と判断する行為

第9条(効力の発生等)

  1. 本規約の効力は、お客様が、本サービスにログインした時点で発生するものとします。
  2. お客様が、本規約のいずれかの条項に違反することが確認された場合、又は当社の著作権その他の知的所有権を侵害した場合には、お客様への通知なく適宜、本サービスの利用を停止する措置を採らせていただく場合があります。
  3. お客様が、本規約のいずれかの条項に違反がされた場合、又は当社若しくは第三者の著作権その他の知的所有権を侵害した場合には、当社は、通知することなく直ちに、お客様への使用許諾を解除することができます。
  4. 前2項の規定により本ソフトウェアの利用停止措置が採られ、又は、前項により本ソフトウェアの使用許諾が解除されたことにより、お客様に損害が発生した場合でも、当社は、一切の責任を負うことはありません。

第10条(通知)

  1. お客様が本サービスをご利用の場合は、その一環として通知やテキストメッセージ、Eメール、その他電子通信を受け取る場合があります。お客様は、本サービスにログインした場合、ログインをした時点で、こうした連絡を受け取ることに同意したことになります。
  2. お客様が、受信する電子通信に関して発生するデータ通信料については、お客様ご負担とさせていただきます。

第11条(免責及び責任の制限)

  1. 本ソフトウェアは現状有姿でお客様に提供されるものであり、当社は、明示的であるか黙示的であるかを問わず、契約不適合責任及び本ソフトウェアの機能、性能、使用の結果、その正確性、信頼性(誤作動を起こさないことを含みます)その他一切の保証を行ないません。本ソフトウェアの選択、使用効果又は使用結果についてのすべての責任は、お客様の負担とさせていただきます。
  2. 当社は、本サービスによるいかなる翻訳結果について、それが完全かつ正確であること、お客様にとって有用であること、その他お客様が本サービスを利用した目的に合致することを保証致しかねます。
  3. 本サービスの品質及び性能に関する危険は全てお客様が負担します。当社は、本ソフトウェアによる通訳又は翻訳結果の利用により、お客様に生じた一切の損害について、責任を負いません。
  4. 当社は、お客様が本サービスにより生成した翻訳を使用し又はこれに依拠したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。
  5. 当社は、お客様がアップロードした原ファイルを一定期間保存しますが、お客様が、本サービスのサーバへ送信若しくは記録した動画データ、原ファイル、及び翻訳データ、その他一切のデータ・情報等(以下「サービスログ等」といいます。)については、当社は、バックアップの義務を負わず、またいかなる場合であってもサービスログ等の紛失、消失、保管、保存等に関して、一切責任を負わないものとします。
  6. 当社の責めに帰すべき事由によって本サービスに関してお客様に損害が生じた場合であっても、当社は当社に故意または重過失がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとします。その場合であっても、当社、当社への供給者、及び当社へのライセンサーは、 (A) 契約、不法行為、製造物責任、その他いかなる法理論に基づくかを問わず、本規約に基づき又はサービス及び当社の資材を使用できなかったことに基づく、利益の喪失、データの喪失、サービスの中断、コンピュータへの損害、システム障害、偶然損害、特別損害、懲罰的損害、間接損害につきその賠償責任を負うものではありません。また、 (B) お客様が本サービスに対して支払った直近1年分金額が、当社が賠償責任を負う最大の額となるものとします。
  7. 当社は、第7条各号のいずれかに該当する事由によりサービスの提供の遅延、中断、終了又は廃止が発生したとしても、これに起因するお客様又は、他の第三者が被った損害について一切の責任を負いません。

第12条(損害賠償等)

お客様が、本規約のいずれかの条項に違反して当社に損害(弁護士費用も含みます)を与えたときは、これを賠償する責任を負います。

第13条(フィードバック)

お客様は、本サービスに関するコメント、提案及び推奨(修正、改良、改善など)(以下、総称して「フィードバック」といいます)を当社に提供することができます。この場合、フィードバックにかかわる著作権(著作権法第27条及び第28条の権利その他の権利を含みます)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権その他一切の権利は、フィードバックを行ったお客様に帰属しますが、フィードバックの提供と同時に当社に譲渡し又はその権利を放棄したものとみなされ、当社は一切の対価を払うことなくフィードバックの利用等一切の行為をすることができるものとします。

第14条(その他)

  1. 本規約は日本法に従って解釈されるものとします。
  2. 本使用許諾の条件については、法規の訂正、又は当社の事情によって当社が変更することがあり、お客様が本ソフトウェアを継続して使用した場合、お客様は、それに同意したものとみなします。変更については、当社のホームページに表示します。最新の利用規約は、こちら(https://pocketalk.co.jp/rule/videotranslation)をご覧ください。
  3. 本ソフトウェア及び本規約に関連する紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

この規約の一部が不正又は無効である、何らかの理由で施行できない場合は、その規約は可分であるとみなされ、それ以外の規約の有効性および拘束力に影響を及ぼすことはありません。

制定

ポケトーク株式会社